O脚 矯正 専門院の実力。O脚矯正例を多数掲載していますO脚の矯正は当院へ。

O脚矯正の緑ヶ丘カイロプラクティック 予約

O脚 矯正例@

O脚とは

O脚とは、脚が内旋した「内股O脚」や膝の捻じれを伴った「XO脚」とは違うタイプに分類されます。これらの要素が無いタイプを単純型のO脚としています。

つまり当院に於けるO脚の定義は、膝が正面を向いていて、大腿、膝の間、膝下に隙間があいている脚線を指します。

O脚矯正では骨盤、股関節、足関節などの歪みを重視し、施術を行います。

稀に生まれつきの要素がある場合がありますが、まったく矯正出来ない訳ではありません。改善可能な範囲を予測して施術いたします。
あきらめずにO脚矯正のエキスパート「緑ヶ丘カイロプラクティック」へご相談ください。



O脚矯正例@ > O脚矯正例A > O脚矯正例B > O脚矯正例C > O脚矯正例D > O脚矯正例E


O脚矯正 写真
東京都S様 施術回数10回

骨盤のゆがみと内腿の筋肉が弱化&硬くなっているために脚が寄せられない状態です。

施術は骨盤の矯正と脚の筋肉バランスの正常化を重視。内転筋の強化を目的としたエクササイズをがんばっていただきました。

O脚矯正 写真
東京都W様 施術回数10回

膝が正面を向いたタイプのO脚です。大きな原因は足関節の歪みがありました。それから筋力の弱化がみられたので脚を寄せる為のエクササイズを実行。矯正後は脚が引き締まった印象になって、かなり綺麗に改善した例です。


O脚矯正 写真
東京都S様 施術回数10回

膝下の湾曲が目立つO脚です。
下半身が右方向へ倒れています。これでは右足は常に離れようとする作用が働いているので内反膝を伴ったO脚になるのも当然といえます。

こういったタイプは内転筋と腰の横の筋肉がバランスを崩しています。しかし、矯正後は見違えるほどの綺麗な脚になりました。

O脚矯正 写真
東京都S様 施術回数10回

骨盤が前傾が原因のひとつとなっているO脚です。内腿の筋肉が弱化&硬くなって脚が離れています。施術は骨盤の強すぎる傾斜を、脚同士が寄せやすい角度に矯正することを重視。

エクササイズは内腿の筋肉の強化とストレッチをがんばっていただきました。

O脚矯正 写真
東京都O様 施術回数10回

男性タイプのO脚です。骨盤が歪みと内反脛骨(湾曲した脛骨。特に左脚)が原因です。身体と骨盤の捻じれを矯正し、両脚が寄りやすくなったことにより、改善がみられました。


O脚矯正例Aへ≫

ご予約方法≫




O脚矯正の方法を学びませんか?


このサイトは著作物にあたり著作権法及びその他の条例で保護されています。
サイト内のあらゆるコンテンツの無断転載・コピー・模倣を固く禁じます

Copyright (C) 2007 O脚矯正 東京/整体Salon Blue. All Rights Reserved
.